2005年11月08日

盲導犬 プルート

051108.jpg 北陽小学校に盲導犬がやってきました。名前をプルートと言います。
 3年生の学習の一環として、パートナーの若槻さんと一緒にお招きしました。
 若槻さんには、実際に共に生活をされているからこそわかる盲導犬のヒミツをたくさん教えて頂きました。
 いくつか紹介しましょう。盲導犬は指定のドッグフードだけを食べている、命令には英語だけではなく日本語の命令もある、背中に証明書のようなものも入れているなどです。
 お話の間、足下で静かに待っている姿はさすが盲導犬でした。
 でもこどもたちが一番驚いたのは、盲導犬の大きさです。ゴールデンレトリバーは「大型犬」でした。ふつう子ども達が犬に対して持っているイメージよりも数倍大きかったです。
 若槻さん、プルート、今日は、ほんとうにありがとうございました。
posted by 北陽小 at 17:53| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。