2005年06月20日

クイズです。

050620.jpg 久しぶりに問題です。
 写真には、見渡す限り砂が見えます。その砂の上、ちょうど1メールくらいの高さで細い橋が遠くに見える緑の木々まで続いています。
 この橋の全長を子ども達が測ると約350メートルあります。
 なぜ、水が全くない砂の上にこのような橋が造られたのでしょうか。

 答えは以下です。ドラッグするとはっきり読めます。
(写真に写っているのは、斐伊川です。現在雨が降らないため、川のほとんどは、砂、砂、砂です。この橋は、当たり前ですが、川を渡るための橋に間違いありません。)
posted by 北陽小 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。